ダイエットの鍵 生活習慣病

塩味覚敏感による効果

投稿日:2017年11月4日 更新日:

塩分の摂取量を抑えられる

耳ツボの噴門と肺への施術を行うと、「塩味覚」が敏感となることがわかっています。

「耳ツボダイエットで使用する部位」はこちら
その理由は、

味覚を伝達する神経は、舌咽神経、迷走神経、顔面神経の分枝である鼓索神経及び大錐体神経ですが、耳介にもこの三神経の分布があるからと考えられています。

耳ツボダイエット期間中に、
「外食が塩辛くて食べられない」や
「料理が非常に薄味になったと家族や知人に指摘された」
などの声が多いのも、この「塩味覚が敏感になる」ことによる特徴なのです。

また、
塩味覚が鈍い人ほど塩分の摂取量は多く、塩味覚が鈍い人ほど耳ツボダイエットによる体重減少量は多くなり、体内に溜まった過剰な水分を排泄させる効果があるとされています。

つまり、
耳ツボによって塩味覚に敏感になることで、食塩の摂取量を減少させることができるので、味の濃い食べ物を食べなくても大丈夫に自然となるのです。

-ダイエットの鍵, 生活習慣病

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

アデノディポサイトカイン

「アデノディポサイトカイン」とは 脂肪細胞から分泌される、脂肪代謝や糖代謝を円滑にする働きをもつ、さまざまな細胞間伝達物質の総称です。「アディポ」は脂肪、「サイトカイン」は細胞間伝達物質を意味します。 …

レプチンとは

耳ツボダイエットの理論の鍵、「レプチン」 アデノディポサイトカインの中でも、ダイエットを考えるうえで重要なのが「レプチン」です。 「レプチン」は白色脂肪細胞で作られる食欲の抑制とエネルギー代謝の調節に …

塩味覚敏感による効果

塩分の摂取量を抑えられる 耳ツボの噴門と肺への施術を行うと、「塩味覚」が敏感となることがわかっています。その理由は、味覚を伝達する神経は、舌咽神経、迷走神経、顔面神経の分枝である鼓索神経及び大錐体神経 …

肥満とは1

Contents1 肥満とは1.0.0.1 BMI計算式2 肥満の分類 肥満とは 体に脂肪が過剰に蓄積した状態。 肥満の判定は身長と体重から計算されるBMI(Body Mass Index) という数 …

生活習慣病

生活習慣病 ●ガン  ●糖尿病  ●動脈硬化  ●狭心症  ●肩こり  ●冷え性 ●頭痛  ●息切れ      ●動悸    ●喘息   ●肥満   ●便秘 ●肝機能障害     ●脂肪肝   ●バセ …