ダイエットの鍵 生活習慣病 耳ツボダイエットとは?

生活習慣病

投稿日:2017年7月29日 更新日:

生活習慣病

●ガン  ●糖尿病  ●動脈硬化  ●狭心症  ●肩こり  ●冷え性

●頭痛  ●息切れ      ●動悸    ●喘息   ●肥満   ●便秘

●肝機能障害     ●脂肪肝   ●バセドウ病      ●だるい

●吹き出物 ●膠原病   ●高血圧    ●白血病    ●貧血    ●低血圧

●腰痛   ●生理痛   ●生理不順   ●更年期障害  ●花粉症   ●たちくらみ

●前立腺肥大       ●リウマチ   ●アトピー   ●めまい   ●不妊症

●アレルギー体質     ●腎機能障害  ●胃十二指腸潰瘍          など

 

体脂肪率

肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMIが用いられていますが、BMIは身長と体重から単純に計算された値ですので、これだけでは筋肉質なのか脂肪過多なのか区別できません。またBMIは標準でも筋肉や骨と比べて脂肪が多い、つまり体脂肪率が高い状態(隠れ肥満)が最近の若い女性に多く見られています。体脂肪率は男性で15~20%・女性で20~25%が「標準」、男性で25%以上・女性で30%以上が「肥満」と判定されます。

●WHOと日本肥満学会肥満判定に基づき、DXA法(二重X線吸収法)により作成

 

-ダイエットの鍵, 生活習慣病, 耳ツボダイエットとは?
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

メタボリックシンドローム

「メタボリックシンドローム」とは、内臓肥満に高血糖、高血圧、脂質異常症が組み合わさることで動脈硬化をきたし、動脈硬化症の生活習慣病である脳梗塞や心筋梗塞などを招きやすくなっている状態のことです。 心臓 …

no image

耳つぼダイエットについて

Contents1 健康と耳つぼ2 耳つぼダイエットとは3 特徴 健康と耳つぼ 全身のすみずみまで血管や神経がはりめぐらされています。 そしてもうひとつ、東洋医学で大切にされている経絡が全身にはりめぐ …

塩味覚敏感による効果

Contents1 塩分の摂取量を抑えられる1.0.0.1 「耳ツボダイエットで使用する部位」はこちら1.0.0.2 その理由は、 塩分の摂取量を抑えられる 耳ツボの噴門と肺への施術を行うと、「塩味覚 …

塩味覚敏感による効果

塩分の摂取量を抑えられる 耳ツボの噴門と肺への施術を行うと、「塩味覚」が敏感となることがわかっています。その理由は、味覚を伝達する神経は、舌咽神経、迷走神経、顔面神経の分枝である鼓索神経及び大錐体神経 …

耳ツボの作用機序

ダイエットを制するには、無駄なカロリーを摂らない為に食事制限することが大切なことは誰もがわかっていること。このダイエットの成功を左右するカギが、耳ツボダイエットにあります。耳ツボの刺激により、白色脂肪 …