ダイエットの鍵

耳ツボの作用機序

投稿日:2017年6月28日 更新日:

ダイエットを制するには、無駄なカロリーを摂らない為に食事制限することが大切なことは誰もがわかっていること。このダイエットの成功を左右するカギが、耳ツボダイエットにあります。耳ツボの刺激により、白色脂肪細胞から肥満を抑制したり、体重を制御したりするホルモンの「レプチン」を発生させることがわかりました。

「レプチン」は脳にある満腹中枢に作用するので、満腹感を得ることができます。さらに、「レプチン」は摂食中枢にも作用するので、同時に食欲も抑えることができるのです。一方で、耳ツボの刺激は、消化管である胃の底部にある胃幽門部胃酸分泌細胞群にも働きかけます。すると、消化を促進させるコレシストキニンというホルモンを放出させて、食欲を増進させるグレリンというホルモンを抑えます。

-ダイエットの鍵
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生活習慣病

生活習慣病 ●ガン  ●糖尿病  ●動脈硬化  ●狭心症  ●肩こり  ●冷え性 ●頭痛  ●息切れ      ●動悸    ●喘息   ●肥満   ●便秘 ●肝機能障害     ●脂肪肝   ●バセ …

目標体重

Contents1 健康を目的とした体重(健康体重)1.0.1 ■肥満度の判定基準2 スタイルを重視した理想的体重(美容体重) 健康を目的とした体重(健康体重) BMIが24を超えるといろいろな生活習 …

レプチンとは

耳ツボダイエットの理論の鍵、「レプチン」 アデノディポサイトカインの中でも、ダイエットを考えるうえで重要なのが「レプチン」です。 「レプチン」は白色脂肪細胞で作られる食欲の抑制とエネルギー代謝の調節に …

塩味覚敏感による効果

Contents1 塩分の摂取量を抑えられる1.0.0.1 「耳ツボダイエットで使用する部位」はこちら1.0.0.2 その理由は、 塩分の摂取量を抑えられる 耳ツボの噴門と肺への施術を行うと、「塩味覚 …

メタボリックシンドローム

「メタボリックシンドローム」とは、内臓肥満に高血糖、高血圧、脂質異常症が組み合わさることで動脈硬化をきたし、動脈硬化症の生活習慣病である脳梗塞や心筋梗塞などを招きやすくなっている状態のことです。 心臓 …